ディアビックの軸交換

かなりの人が使っているであろうディアビック。
なんだかネジ(軸)が緩みやすいものがあるようです。
あとは折れたりとか。ネジだからしょうがないですね。

私のディアビックはすぐ緩んでしまってカップがグラグラ。そのまま回すと「わわわわわ」ってな感じでとてもじゃないけど練習なんぞできません。
これ、多分軸に使ってるネジが悪いです。



ナランハなら変え軸は売っていますが400円(質問すれば紳士に対応してくれるかも)。そんなにお金はかけたくないですよね?
ってわけで、軸に使ってるネジを交換してみました。

細かいことを気にしないで普通のネジを使えば100円かからず直すことができます。





準備するもの 備考 購入場所
ネジ M5、40o ホームセンター
ナット M5用のもの
スプリングワッシャ M5用のもの



方法は簡単です。

1、軸を外す

元ある軸を外しましょう。
元々緩んでいるなら手で簡単に外れますが、無いようであればペンチかボックスレンチとかモンキーレンチがあると簡単に外れると思います。
モンキーレンチはホームセンターで350円でした(自転車の後輪部分が頻繁に緩むので購入)
ようは分解できればなんでもオーケーです


2、ネジを入れる。

軸が入っていたところにネジをいれます。
このとき、スプリングワッシャをつかうと外れにくくていいと思います。
ナイロンナットを使うとさらに外れにくいですが、分解もしづらくなるのでお勧めしません。
私ゃナイロンナットに嫌な思い出しかないので嫌いです


3、ナットを締める

これで終わりです。
そんな手間ではないと思います。

ただ、これだと片側がネジの頭、反対側がナット。ということで左右対称になりません。
ま、別にそんな気にするほどでもないかなと。

重量は……軽くなるのかな?
たぶん、重くはなりません。

この改造?をするとドライバー一本で軸が締められるようになるので個人的にはかなり好きです。

軸をちょっと長いネジにすればオプションをつける余裕も出てくるので、LEDつけることもできそうですよ。
プラ板にLEDとボタン電池をくくりつけて、真ん中に直径5ミリの穴を開ければ200円くらいでディアボロを光らせることができそうです。
時間があったらやってみようかな?

問題は、私はあまりディアボロを練習してないということで…………
一番いじりがいがあるんですけどね。





おまけ
ついでじゃないですけどワッシャも変えてみました。
ディア本体が白いのでワッシャも黒ではなく銀色に。
ホームセンターで適当な大きさのが2枚セットで200円。
買うサイズを間違えて少し大きめですが、まあいいか。

ステンレスのワッシャは研いて光沢を出すと綺麗ですよ。錆びないし。

↓ビフォアー


↓アフター






で、こんなんになりました


白いディアボロなら黒いワッシャよりも銀色のワッシャのほうが綺麗でしょ?
軸は元からあったものではなくてネジに変えています。





そういや、「ネジ」を漢字で書くと「螺子」
語源はは巻貝に由来するものらしく、「螺」って字使います。
「田螺」とか「螺旋」とか。
たまに見るとなんか嬉しい