螺鈿ボール


ボールジャグリングやってみたい。でも道具は高い。
そんなときの自作ロシアンボールです。
なんと、一個約20円!

本来ロシアンボールの中に入っているのは砂ですが、今回は入手の楽な塩を使います。
なにやらアパッチさんのところで売っているロシアンボールは塩が入っているとかで。



準備する材料
材料 購入場所 値段
カラーボール ダイソー 10個入り105円
ダイソーorスーパー 1kg約100円
ビニールテープ ホームセンター 一巻き30円程度


その1 塩を乾燥させる

袋から出した塩ってなんかべたべたしてません? そのまま作ってもいいですが、動きが悪くなりそうなので乾燥させておきましょう
方法は
      あ、パジャマだ。……まあいいか。

こんな感じで。
強火でやってたら火花を見たので中火くらいがいいかもしれません。さらさらになってきたら上げ時で、焼きすぎると塊ができるみたいです。塩の種類にもよるのかな?
油は引きませんよー
あとやけど注意です。熱いかどうか解りにくいので。




その2 ボールに穴を開ける

ナランハのロシアンボールには丸い穴が開いているのですが、そんな芸当はできないのでカッターで切込みを入れます。大きいほうが塩を入れやすいですが、大きすぎると多分壊れやすくなるので自分なりのサイズを見つけるといいです。私はストローが潰れずに入るサイズを目安にしています。




その3 塩を入れる

塩がさめたらボールに塩を詰めます。
入れる量は全体の3〜4割(ナランハ)らしいですが好みでいいかなと。
軽すぎると投げにくく、塩が多いとロシアンボール独特の特性がなくなります。
6割詰めるともう変な動きのする玉になってしまいます。私みたいに重いほうが投げやすいって人はそれでもいいかと。
塩の量 安定感 ロシアンの特性
ってな感じですかね。いくつか試してみて自分に一番合うのを探してみるといいかも知れません
今回は60〜70gくらいで作りました。




その4 ぐるぐるぐる

ビニールテープを巻いて穴をふさぎます。
ボール全体を2周くらい巻けばじゅうぶんかと。

参考までに
ナランハのロシアンボールはホットボンドを使って穴をふさいでいるみたいです。こっちのほうが見た目がいいですが、どうにも強度が不安で。



その5

完成



(実はビニールテープを巻いてない。でもこぼれないですよ)



質の悪いカラーボールを使っているためちょっと柔らかいです。
壊れやすいかも。
硬いカラーボールを買える所があったら教えてください。


あと、作る過程や使用中に起きた事に対して一切責任を負わないのでご注意を。
主に塩が散らばったりとか



その6 注意事項
・水に弱い
・踏むと壊れる
・壊れたときに塩が散らばる
・半年も経つと多分塩が固まって使えなくなる

以上に気をつけて扱ってくださいねー